本文へスキップ

消費者金融

借り入れ件数4件以上でも融資可能

最終更新日 2014/12/17

ブラックリストや多重債務者でも融資が可能?

通常借入件数が4件を超えると多重債務者として認識されてしまいます。多重債務者は新規借入の際には特に警戒されることしかりで、審査もより厳しくされてしまいます。また、過去に債務整理の履歴がある人は信用情報センターへブラックリストとして登録されているため、審査に時点で確実に落とされてしまいます。早い話が多重債務者もブラックも信用度がゼロということです。そのようなリスクの高い顧客にお金を貸す業者が居るかどうかという話ですが、正規の業者(貸金業登録をした業者)なら間違いなく審査に通らないでしょう。審査が一番甘いと評判の中小消費者金融でも無理かと思います。どうしてもお金が必要という方は、正規でない業者(闇金融)を当たる意外にないわけですが、ヤミ金融は非合法な業者なので危険が一杯です。法定金利より高い金利を覚悟しなくてはいけませんし、払えなくなった場合の取り立ても厳しいです。借りる前によくよく考えてみて下さい。

お金を借りる

ブラックリストの期間

前述したように、過去に支払い遅延や債務整理など自己破産をしたことのある方は、信用調査会社のブラックリストに掲載されています。ブラックリストに掲載されていると、新規の借り入れが出来ないばかりか絶対審査で落とされてしまいます。通常ブラックリストは5年〜7年程度で削除されますので、その後は通常通りの審査でお金を借りることが可能です。もしもブラックでも融資を受けたいならば、審査の甘い消費者金融を利用されると、ブラックでも融資が可能です。ただ、通常よりは金利が高く設定されている場合が多いので、契約書にはよく目を通されるとよいでしょう。どうしても支払いが出来ないようならば、夜逃げなどせずに事情を正直に話して金融会社と相談するべきです。最後の手段は自己破産などの債務整理も可能ですので、司法書士などの専門家とよく相談されるべきです。

即日融資

審査が通らない理由

金融会社でキャッシング審査に通らない理由の殆どは、現在の借入件数です。他社からの借入件数が多ければ多いほど審査が厳しくなるのは前述しましたが、各消費者金融毎にも審査の基準が異なります。審査の厳しいところもあれば、甘いところもあるということです。したがって、確実に審査に通りたいと思うならば、審査の甘いキャッシングローンを探せばいいことで、逆に審査に自信があれば審査の厳しい大手金融で借りればいいのです。自分で借りやすいと思うクレジットカード会社を選択することです。但し、定職に就いていない無職の人や、勤続年数が一年未満の人などは、借りれないと思います。信用度が低いことがその理由で、たとえ借りれたとしても限度額は5万円程度になるでしょう。満額50万円を借りれる資格は、年収250万円以上で勤続年数が3年以上あること、そして現在の借入件数が3件以内で総量規制の対象外であることも条件になります。それらの資格を備えていれば、大手銀行系の消費者金融でも中小でも借りれることは間違いありません。